ペットホテル賃貸物件と豆知識

ペットホテル居抜き賃貸物件専用ページ

法律知識は必ず必要です、知らないからと言ってペット・トリミングサロンやホテル開業し、動物を預かると行政指導が及んでしまう事になると取り返しがつかなくなってしまいますそこで、ペッとホテル賃貸物件での開業豆知識です。

ペットホテル555555589

動物ホテル・ネコ専用あづかり施設・犬専用ホテルには定った中の用途地域でないとそのホテルを開業できません。

ペットビジネスにおけるその用途地域とは?
用途地域とは??????

 

 

 

建築基準法では以下の通りになっています。

■第1種住居地域では「トリミングサロン」も「ペットホテル」も規制されてはいません。

■第2種中高層住居専用地域では、動物が一定期間その場所に留まる施設は「政令で定める規模(15㎡以上)の畜舎」という基準に触れますので、ペットショップや入院施設のある動物病院がこれらに該当します。トリミングサロンでも「ワンコを一泊だけで預かる」ようなことが頻繁に行われているのであれば、やはり規制対象となると考えるのは妥当です。

■第1種中高層住居専用地域と第2種低層住居地域専用地域及び第1種低層住居専用地域においては、ペットを泊めるや預かる施設は認められていません。

■ペットショップやペットホテル等は、第1種低層住居専用地域で営業できませんのでご注意願います

ペットホテル・犬猫宿泊施設が営業可能な用途地域地区

開業の行なう前に必ず営業地域にある監督官庁の市役所内建築指導課で用途地域とペットトリミングサロン並びにペットホテル施設の設置と営業可能かどうか確認して下さい。

■商業地域・近隣商業地域・第二種中高層住居専用地域準住居地域・第一種住居地域・第二種住居地域・準工業地域・工業地域はペットトリミングサロンペットホテルの建設や開業は可能です。